エコ給湯器は本当に得かどうかをノーリツ社員が分かりやすく説明する

エコ給湯器は本当に得かどうかをノーリツ社員が分かりやすく説明する

どうも、horiguchiです。

最近は主流になりつつあるエコ型給湯器。

今から給湯器を買い替えようと考えている人の中には「従来型のままでいくか/エコ給湯器に替えるか/エネファームやエコエキュートなどの次世代システムにするか」などの選択肢で悩んでいるという人も多いと思います。

そこで今回は「エコ給湯器は本当に得なのかどうなのか」を、なるべく分かりやすく暴露しちゃいます!

エコ給湯器に交換するべきか、それとも見送るべきか…。

給湯器の買い替え時期を迎えて悩んでいるという方は、良ければ参考にしてみてください。

エコ給湯器とは?

エコ給湯器とは、これまでに捨てていた高温度の排ガスをそのまま捨てないで、もう一度機械の中に取り込み、それをお湯を作るために利用するというシステムを搭載した給湯器です。

これまでの給湯器では、燃焼後の排ガスが約200℃という高温の気体だったんですけど、それをただ単に外に捨てるのではなく「200度もあれば水を少し温めるのに使えるし、そうすればトータル的にも燃える時間が少なくなっていいんじゃね?」という発想になって完成しました。

 

例えば入水温度(蛇口から出てくるお湯)は真冬になると冷たくなるわけですが、入水温度が10℃のものを40℃に上昇させるのと、入水温度が15℃のものを40℃に上昇させるのとでは、明らかに後者の方が給湯器の負担は減ります。

排ガスも200℃もあれば、多少は水を温めるのに使用できるというわけで、これによって給湯器の負担は減り、トータルで使用する燃料費も少なくて済むようになったというわけですね。

そして石油ボイラーのエコタイプをエコフィール、ガスボイラーのエコタイプをエコジョーズと言います。

 

ちなみにエネファームと言うのは、ガスなどの燃料を使って発電し、その発電の際に発生した熱を使ってお湯を作るシステムです。

エコウィルもこれに該当し、ノーリツ製のエコウィルの場合はノーリツの給湯器と貯湯ユニット、本田技研の発電機ユニットがセットになっています。

 

エコキュートと言うのは、大気の熱を使ってお湯を作りだすシステムのことです。

ヒートポンプによって空気が圧縮されてお湯を作るので、外気温が冬場の寒い時期であっても高温のお湯が作れます。

 

エコジョーズのランニングコスト(燃費)について

トータル〇〇円お得!という言葉の罠

ノーリツ製エコジョーズのランニングコストについてですが、従来タイプと比較すると年間で約23000円の節約になるようです。

そしてエコジョーズに搭載されているエコスイッチ(湯量を絞って節水する機能)を使用すると、さらに約8300円のお得になるようですね。

 

ここで注意したいのが「これはLPガスである」という注意書き部分と、エコスイッチONという条件の節約量8300円の内訳には水道料金も含まれているという部分です。

LPガスは都市ガスが通っていない地域や、アパートなどの集合住宅でメインとして使用されていて、基本的には都市ガスよりも高額な価格設定となっています。

そのため、同じ1㎥を節約するにしても、元々の金額が高いLPガスの方が節約効果は高いと言えるわけです。

 

それに2つめのエコスイッチに関しては「蛇口を全開にして使用しない」というのと一緒なので、当然ながら蛇口を全開にしたときと比べて出湯量が減りますから、節約できて当たり前なんですよね。

それも最初はガス消費量の話をしていたのに、後半で「水道代も含めて」ということがチラっと書かれているので、ハッキリ言って「言葉巧みに話を盛っている」と感じる人が大多数かと思います。

 

節約量は使用量に比例する

「じゃあ結局のところ、どれくらいお得になるの?」という話なんですけど、これは残念ながら「ユーザーの使用量による」としか言いようがありません。

分かりやすく言うと、ガソリンが1リットルあたり10円値引きになったとして、年間で数万円以下の恩恵しかないような人もいれば、運送会社なんかでは年間で莫大な恩恵が受けられたりもするわけです。

 

このように「エコタイプの給湯器に交換して得をするユーザー=大家族などガス代が高いという人、LPガス利用者」となります。

細かい計算になるので割愛しますが、あくまで平均的な話をすると「毎日お風呂を沸かすという4人家族の都市ガス利用者なら、問題なく得ができるレベル」だと思ってもらって結構です。

 

人によっては「従来型の方が本体価格が安いから、エコ給湯器への変更をためらっている」という人もいるでしょう。

これが一人暮らしや二人暮らしなら、よほど大量にお湯を使っていないと微妙なラインですが、一般的な4人家族の場合は、従来型よりもエコ給湯器にしておいた方が、最終的に金銭面でお得になるケースが多いと思いますよ。

 

エコフィールのランニングコスト(燃費)について

一方でエコフィールの場合は、そもそもの燃料費がガス料金ほど高くないということもあり、節約できるレベルもマイルドになっています。

その指標は1年間で約6540円お得になるというレベルのようですが、これはあくまで「従来タイプで年間約53120円の灯油を給湯器だけで使用した場合」です。

 

多くの石油給湯器ユーザーは、給湯器だけじゃなくて暖房機やストーブなんかでも灯油を使用していることが多いので、給湯器だけの純粋な灯油使用量というのは分からないという人が多いんじゃないでしょうか。

私自身がエコフィール使用者ということもあって、灯油についての具体的な数値は分からないんですけど、恐らく「石油給湯器だけで年間5万円オーバーの灯油を使用しているというのは、かなりの使用量に該当するんじゃないか」という気がしなくもないです。

 

ちなみに年間で6000円の灯油使用量が節約できると仮定して、それを8年間使用したら約5万円の節約に成功するわけですけど、エコ給湯器では従来型では掛からなかった費用が発生する場合も十分に考えられます(詳しくはエコ給湯器のデメリットとして後述)。

エコフィールに買い替えようかどうかを検討している人は、このあたりを十分に検討してから買い替えるかどうかを決めてください。

 

エコ給湯器のデメリット

給湯器の本体価格が高い

エコジョーズの場合は本体価格はさほど気にする必要がないかと思いますが、やはりエコタイプの給湯器の方が本体価格も高いです。

1番左上に記載されているGT-C2462AWX BL(416880円)と、1番右上に記載されているGT-2460AWX BL(374760円)は、どちらも外置きタイプ&フルオートの給湯器なんですけど、前者がエコタイプで後者が従来型となっています。

金額差は4万円ちょっとです。でもこれは定価なので、実際に購入するとなれば値引きがありますから、70%値引きがあったとすれば4万円の金額差も1万円ちょっとの金額差になります。

 

最初の1万円ちょっとの金額差なら、この先の10年間そこらで十分に回収できるでしょうから、特に大きな問題ではないんですけど、一応デメリットとしてご紹介しておきますね。

ちなみにエコフィールの場合は金額差がもう少し大きくなり、節約できる灯油量もそこまで大きくないので、交換を検討している場合は2通りの見積もりを貰うというのもいいかもしれません。

 

煙突費用が高い

こちらはエコフィールの室内型に使用する排気筒です。

煙突は従来型を使用しても問題ない場合もありますが、設置場所などによっては煙突もエコタイプ専用の物にしなければならない場合もあります。

金額を見てみると、エコタイプ専用の煙突が33000円従来型の煙突が17800円です。

このようにして、給湯器本体以外の部分でも追加費用が発生してしまう場合もあるので、まずは詳細の見積もりを出してもらって検討することをおすすめします。

 

設置するときの作業料が高くなる可能性がある

従来型からエコタイプへ給湯器を交換する場合、多くのケースで配管を1本新しくつなぐ必要が出てきます。

この配管の使い道は「ドレンと呼ばれる給湯器の汗を捨てる」というものなんですけど、洗面所に設置しているという場合であれば、洗面所の床に穴を開けて、床下で生活排水とつなぐという作業が必要になることが多いです。

 

従来型から従来型なら必要にならない作業になるので、もし従来型の取付費用が5万円だとすれば、エコタイプの給湯器を取り付ける際の取付費用は6万円や7万円など、必要に応じて上乗せされる可能性は十分に考えられますね。

雪国の屋外設置なら、このドレン配管にも凍結予防処置が必要になるので、新たにヒーターを増設したり、必要に応じて屋外コンセントも増設する必要がでてくるでしょう。

 

使用してから〇〇時間で交換しなきゃいけない部品がある

エコ給湯器には、従来型には必要のなかった「中和器」という部品が搭載されていて、この中和器は「壊れていなくても、一定時間使ったら部品交換が必要になる」という特徴を持っています。

前項でご紹介したドレンに関係する部品なのですが、簡単に言うと「酸性のドレンをそのまま排水管に流してしまうと、排水管の材質によっては大きく腐食してしまう恐れがあるので、中和してから排水するための部品」です。

 

これは〇〇時間の稼働で部品交換が必要になりますから、5年で交換が必要になる家庭もあれば、8年とか9年で交換になる家庭もあって、交換時期はまちまちですね。

燃焼時間で管理しているので、症状としては不具合は一切なく、リモコンにE-920という表示が出て、そこから更に一定時間が経過するとE-930に代わって強制停止してしまいます。

 

多くの人はE-920という表示がリモコンに出ると、インターネットで検索をしたり、取扱説明書を読んだりして「あー、部品交換が必要なのね」と気付くんだけど、人によっては「普通に使えてるし、このままでいいか♪」と考える人もいます。

このエラーが厄介なのは「エラー表示するけど普通に使えてしまう」という部分で、ここでエラーを無視して使い続けると、エラーの番号が変わってうんともすんとも言わなくなってしまうんです。

これは「部品が到着するまでの期間、使えるようにするための猶予期間」でもあったりするので、E-920が出たらすぐに修理依頼をするようにしてください。

 

従来型と比べて壊れやすい!?

従来型よりも内部が複雑になって部品が増えたという意味では、エコタイプの方が壊れやすいという表現ができると思います。

前項で説明した中和器もそうですが、エコタイプの給湯器には熱交換器も2つ搭載されていますし、中身も複雑になっていて、全体的に見れば「買い替えまでの修理費用は従来型よりも高くなってしまう傾向が強い」のではないかと。

(そのようなデータが出ているというわけではなく、あくまで私の体感的なものです)

 

ちなみに修理作業料に関しては、エコ給湯器だから従来型の給湯器よりも金額的に高いということはなく、同じ水メカなら同じ作業料が発生します。

ただ「エコスイッチを押すことで出湯量を抑えられる」とどの新機能によって、1つ1つの部品がより精密に複雑化したので、それによって壊れやすくなったという部分は否定できないでしょう。

 

エコ給湯器は本当に得かどうか

「じゃあエコタイプの給湯器って、結局得するの?損するの?」という話ですが、あくまで1つの指標としてお答えすると「ガス給湯器を使用しているのであれば、エコタイプの方がお得」だと思います。

修理費用や施工費用、本体価格などが高くなるとは言っても、10年近く使用するにあたって十分にペイできる可能性があると判断できるからです。

 

これが「じゃあ老人の一人暮らしでもお得になるのか?」と聞かれると何とも言えない部分があるんですけど、本体価格もそこまで変わらないですし、使用量が少なければ中和器の交換時期もしばらく来ないですからね。

私がユーザーなら「ガス給湯器を使用しているなら、よほど滅多にお湯を使わないという場合(お風呂も3日に1度くらいなど)を除いて、エコジョーズに交換する」と思います。

 

エコフィールに関しては、正直そこまで大きくお得にはならないかなーというのが本音です。

 

最後に

エコ給湯器は販売する際に、メリット部分しか説明されないことも多く、仮にしっかりとデメリットを説明したとしてもサラッとしか説明しないケースもあるため、お客さんによっては聞き逃していたり、場合によっては聞いていないこともあります。

中和器の交換時期になると、かなりこの手のトラブルが多く「そんな部品交換が必要だってことは聞いていない!」というお客さんも少なくありません。

燃費が良くなるという表面的な部分だけでなく、エコ給湯器のデメリット部分もしっかり理解したうえで、エコ給湯器にするか従来型にするかを検討しましょう。

エコカテゴリの最新記事