ノーリツ給湯器の機器寿命は?|耐用年数の相場をノーリツ社員が暴露

ノーリツ給湯器の機器寿命は?|耐用年数の相場をノーリツ社員が暴露

どうも、horiguchiです。

給湯器を交換する時に、どうしても「給湯器の寿命」って気になりますよね?

自分の家の給湯器は長く使えたのかどうなのか…その答えによっては、給湯器メーカーの変更を考えるという人も多いのでは?

そこで今回は、ノーリツ製給湯器の機器寿命・耐用年数について暴露しちゃいます!

一応、他メーカーさんの内部事情を知らないので「ノーリツの」という予防線は張ってますけど、基本的にはどのメーカーさんも似たようなもんだと思ってもらって結構です。

そもそも寿命の基準は?

この記事を書くにあたって「そもそも何をもって給湯器の機器寿命とするか」を結構悩みました。

給湯器は機械なので、部品を交換できる限りは修理することが可能ですから、修理不可となるまでが寿命なのか。あるいは、故障が立て続けに起こるようになったら寿命なのか…。

未だに給湯器の寿命が15年~20年だと思っている人は結構いるようで、最初は「そんなに長持ちすると思ってるなんて、いつの時代の話をしてるの?」と思ったりもしたんですけど、そもそもの寿命に対する意識の違いがあるのかもしれないです。

 

というわけで、この記事では私自身がノーリツから「お客さんにはこう説明して!」って言われている通り、給湯器の機器寿命を定義させてもらいます。

ここでの給湯器の定義は「故障が頻発する可能性があって、これなら新品に交換・買替をした方が金銭面でもお得になる可能性が高い時期」とします。

 

給湯器の機器寿命は7年~10年

みなさんは給湯器の寿命に対して、どのようなイメージを持っていますか?

多分「それしか持たないの!?」と衝撃を受けてしまうという人が多いと思いますが、給湯器の機器寿命は大体7年~10年と言われています。

「7年と10年じゃ全然違くない?」って思った人もいるでしょう。しかし給湯器の寿命は、そもそも数字で説明できることではないのです。

給湯器の寿命は使用時間によって変わる

給湯器は「何年使ったか」よりも「どのくらい使用したか」の方が重要です。

例えば「スマホのバッテリーは、満タンにした状態で〇時間持ちます」って基準は、その人の使い方にもよると思いませんか?

いっぱいスマホを触る人なら数時間でバッテリーが無くなってしまうでしょうし、あまりいじらない人なら数日くらい余裕でいけるのでは?

 

それと一緒で給湯器も、頻繁に使用する人の10年間とあまり使用しない人の10年間とでは、その耐用年数が大きく変わってきます。

家族の人数が多ければ使用している時間も長くなると思いますし、おばあちゃんの一人暮らしでそんなに稼働している給湯器ってまず見ないですから。

 

給湯器の寿命は機能によって変わる

みなさんも実家のお風呂、親戚の家のお風呂、一人暮らしした時のお家のお風呂…色んなお風呂を見てきたと思いますが、それぞれで機能に違いがありませんでしたか?

一般的に給湯器という言い方をすると大きく分けて3種類あります。給湯機能のみ・お風呂機能付き・暖房機能付きの3種類です。

料理屋さんの厨房などで使用する給湯器は、お風呂機能がいらない場所が多いので基本的には給湯機能のみのボイラーが設置されています。

一般家庭の場合だと、アパートなどでは給湯機能のみかバランス釜というケースが多いのでは?ちょっと良いアパートなら、追い炊きやお湯張り機能付きの給湯器が設置されているかも。

 

蛇口から出るお湯を作るだけの給湯器と、それにプラスしてお風呂にお湯張りが出来たり追い炊きできる給湯器、更に暖房機能まで付いている給湯器を比べて、全部が同じ耐用年数になるって考えにくくないですか?

給湯器に限らず、多くの機械に同じようなことが言えると思うんですけど、多機能になればなるほど(機械の仕組みが複雑になればなるほど)部品が多く使われます。

部品が多く使われるということは、壊れてしまう箇所も増えるということです。

 

給湯器の寿命を長くするためのコツ

これは結構色んなお客さんから聞かれるんですけど「どうしたら給湯器を長持ちさせることができますか?」っていう質問です。

給湯器の寿命のほとんどは、使用者のライフスタイルに左右されると思います。家族が何人いて、一日にどれくらいのお湯を使って、一日に何回点火動作に入るのか等々。

これらは意識しても簡単に減らせるものじゃないですし、意識して減らしたとしてもその分生活が不便になってしまったら元も子も無いので、基本的にはおすすめしません。

 

簡単にできる部分で言ったら「原因が使用方法の故障をゼロにする」というのが有効だと思います。

給湯器には一定数「ちゃんとした使い方をしていれば故障しなかった」という故障例があるので、それに気を付けるだけでも全然変わってくるはずですよ。

 

使用しない時は電源を切っておけばいいの?

給湯器は使用しない時に電源を切っていると節電にはなりますが、機器寿命には大きく関係してこないんじゃないかと思います。

もちろん貯湯式の給湯器を使用しているのであれば、リモコンの電源を入れていると勝手に燃焼動作に入るので、この場合は「使用していない時は電源を切っておいた方が良い」となります。

でもガス給湯器の場合なら、特に意識する必要はないんじゃないかと思いますね。

 

これには明確な理由があって、修理する人間はお客さんには知らされていない裏技を使うことで、その機械の様々な情報を見ることができるんです。

「トータル燃焼時間・トータル着火回数・通電時間」など様々な情報が見られるんですけど、これはお客さんの中に「全然使用していないのに壊れた!」という人を納得させる武器になります。

通電時間は給湯器のコンセントプラグが差さっていた時間なので、リモコンの電源の入切とは関係ないです。もし電源の入切も寿命に関係してくるなら、その項目も一緒に確認できてもおかしくないと思いませんか?

それに最近の給湯器に付いてくるリモコンは、ほとんどエコモードが搭載されていて「一定時間操作がなければ省電力モードに切り替わる」という機能がデフォルトになっているので、リモコンの液晶部分にも悪影響を与える可能性も極めて低くなっています。

 

入浴剤って使用しても問題ない?

入浴剤の使用に関しては、正直あまりおすすめはできません。

なんでそれをメーカーが明言していないかというと「バスクリンさんや花王さんを敵に回したらどうするんだ!!」という大人の事情があるからじゃないかと思っています。

ただ、入浴剤の多くには「風呂釜を傷めるイオウ成分は入っておりません」みたいに書かれていますから、多くの人が「イオウが使われていない=安心」と思ってしまう心理は痛いほど分かりますね。

 

最近は風呂配管クリーンなどの機能も充実してきて、入浴剤成分を給湯機器内や追い炊き配管に残さないような工夫がされてるんですけど、まだまだ「入浴剤の種類によっては影響が大きいかな」という印象です。

少なくとも「日本の名湯・にごり湯」みたいに、湯船のお湯を手ですくって手のひらが見えなくなるようなお湯になってしまう入浴剤はおすすめしません。

 

最後に

給湯器の機器寿命は7年~10年です。ただ、買い替える時期となると、もう少し伸びて12年前後とかになるんじゃないかと思います。

その中には「10年目くらいで大規模な修理をしたけど、2年くらいでまた壊れちゃった」という人も少なくないので、個人的には10年の保険に入るか、10年近い給湯器は買い替えちゃった方が無難じゃないかと思いますよ。

給湯器も安い所で買えば全然安く買えますから(普通の人は知らないだけで)。

寿命カテゴリの最新記事